読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美術館・博物館へ行こう!<水族館・動物園・文学館等の常設展・企画展のオススメランキング&感想)

美術館・博物館・博物館・動物園・文学館などの企画展・コレクション展・常設展を素人目線でオススメします!

【★★★】リアルのゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの (平塚市美術館)

【スポンサーリンク】

リアルのゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの

 

www.city.hiratsuka.kanagawa.jp


 

会期:2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日)

会場:平塚市美術館

一言感想:西洋画ととも入ってきた写実を感じることができる展覧会です。画家の絵に関する思いがキャプションで書かれていたので、彼らがどのような意識を持って描いているかが、分かった点が良かったです。リアルは単純にそのものを描くだけでなく、そこにはリアル以上のものを付け加えていると感じることができました。

作品画家は高橋由一から岸田劉生、そして現代作家まで、多数あります。あまり有名でない作家の作品も多いですが、犬塚勉さんの作品は写実性を超えた美しさがありました。その場にいるような感覚になる作品でした。

なかなか良い展覧会でした。ただ、もう少しリアル、写実性の高い作家の作品があればさらに良かったと思いました。

 

評価★★★

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 美術ブログ

 

ありがとうございます

 

 【評価一覧】

★★★★★(★5つ)個人的に何度も行きたい展覧会

★★★★☆(★4.5つ)絶対、行ってほしい展覧会

★★★★ (★4つ)ぜひ、見てほしい展覧会

★★★☆ (★3.5つ)はまる人はまる展覧会

★★★  (★3つ)悪くはないので見て損はない展覧会

★★☆  (★2つ半)※それ以下は特にお勧めはしない。