美術館・博物館へ行こう!<水族館・動物園・文学館等の常設展・企画展のオススメランキング&感想)

美術館・博物館・博物館・動物園・文学館などの企画展・コレクション展・常設展を素人目線でオススメします!

【★★★☆】日本の家 1945年以降の建築と暮らし(東京国立近代美術館) 感想・混雑状況

【スポンサーリンク】

日本の家 1945年以降の建築と暮らし

 

www.momat.go.jp

 

会期:2017年7月19日(水)~2017年10月29日(日)

会場:東京国立近代美術館

一言感想:ローマ、ロンドンを巡回した展覧会です。日本の建築家による戦後の住宅建築の展覧会です。青木淳、アトリエ・ワン、安藤忠雄、石山修武、伊東豊雄、乾久美子、菊竹清訓、隈研吾、坂本一成、篠原一男、白井晟一、清家清、妹島和世、丹下健三、西沢立衛、長谷川逸子、長谷川豪、藤井博巳、藤本壮介、藤森照信、山本理顕、吉阪隆正、吉村順三、アントニン・レーモンドなどの建築の模型、図面、映像が展示されており、建築好きな自分は十分楽しめる内容でした。

 

 

混雑状況:意外と混んでいる。

 

 評価★★★☆

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 美術ブログ

 

ありがとうございます

 

 【評価一覧】

★★★★★(★5つ)個人的に何度も行きたい展覧会

★★★★☆(★4.5つ)絶対、行ってほしい展覧会

★★★★ (★4つ)ぜひ、見てほしい展覧会

★★★☆ (★3.5つ)はまる人はまる展覧会

★★★  (★3つ)悪くはないので見て損はない展覧会

★★☆  (★2つ半)※それ以下は特にお勧めはしない。