美術館・博物館へ行こう!<水族館・動物園・文学館等の常設展・企画展のオススメランキング&感想)

美術館・博物館・博物館・動物園・文学館などの企画展・コレクション展・常設展を素人目線でオススメします!

【★★★☆】国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―(東京国立博物館) 感想・混雑状況

【スポンサーリンク】

国立新美術館開館10周年

安藤忠雄展―挑戦―

 

www.tadao-ando.com

 

会期:2017年9月27日(水)~2017年12月18日(日)

会場:国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

一言感想:正直、安藤忠雄ファンではありませんが建築好きとしては楽しみにしていた展覧会です。安藤忠雄のイメージと言えばコンクリートですが、ここまで一貫した建築にはすばらしさを感じます。建築を知り始めたころは安藤忠雄の作品が好きだったのですが、見ていくうちにどこか飽きてしまった感がありました。今回の展示では有名な住吉の長屋や光の教会や地中美術館など有名建築の模型が多数展示されており、中には非常に凝った模型もあり、見ていて面白いです。ただ今回の展覧会の目玉は「光の教会」の原寸大展示がされている点ですが、これはやはり感動します。

 

混雑状況:土曜の昼に行ったが、混んでいた。キャプションの文字が小さく見えづらいのが難。

 

 評価★★★☆

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 美術ブログ

 

ありがとうございます。

 

 【評価一覧】

★★★★★(★5つ)個人的に何度も行きたい展覧会

★★★★☆(★4.5つ)絶対、行ってほしい展覧会

★★★★ (★4つ)ぜひ、見てほしい展覧会

★★★☆ (★3.5つ)はまる人はまる展覧会

★★★  (★3つ)悪くはないので見て損はない展覧会

★★☆  (★2つ半)※それ以下は特にお勧めはしない。