美術館・博物館へ行こう!<水族館・動物園・文学館等の常設展・企画展のオススメランキング&感想)

美術館・博物館・博物館・動物園・文学館などの企画展・コレクション展・常設展を素人目線でオススメします!

【★★★☆】 特別展「ターナー 風景の詩」(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館) 感想・混雑状況

【スポンサーリンク】

特別展「ターナー 風景の詩」

 

turner2018.com

 

会期:2018年4月24日(火)~2018年7月1日(日)

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

一言感想:英国を代表するターナーの作品は日本ではあまり見られないと思いますので非常に貴重な展覧会だと思います。若いころの作品からそろっていますが、20代の若さでロイヤル・アカデミーに選ばれるだけの力を感じました。荒々しい海・船の絵から、のどかな山の風景など様々なジャンルの風景があります。個人的にはやはり、荒々しい海や船の絵はターナーらしさを感じて良かったです。今回の展覧会は版画作品も多いですが、100%ターナーの作品というは本当にすばらしいと思いました。

 

混雑状況:休日だったが、比較的空いていた。

 

 評価:★★★☆

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 美術ブログ

 

ありがとうございます。

 

 【評価一覧】

★★★★★(★5つ)個人的に何度も行きたい展覧会

★★★★☆(★4.5つ)絶対、行ってほしい展覧会

★★★★ (★4つ)ぜひ、見てほしい展覧会

★★★☆ (★3.5つ)はまる人はまる展覧会

★★★  (★3つ)悪くはないので見て損はない展覧会

★★☆  (★2つ半)※それ以下は特にお勧めはしない。