美術館・博物館へ行こう!<水族館・動物園・文学館等の常設展・企画展のオススメランキング&感想)

美術館・博物館・博物館・動物園・文学館などの企画展・コレクション展・常設展を素人目線でオススメします!

【★★★★☆】 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション(国立新美術館) 感想・混雑状況

【スポンサーリンク】

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

 

www.buehrle2018.jp

 

会期:2018年2月14日(水)~2018年5月7日(月)

会場:国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

一言感想:スイスの実業家のコレクションですが、素晴らしい展覧会でした。それはコレクションの画家名、ネームバリューだけでななく、作品が良い作品ばかりです。モネの「睡蓮」は正直、いろいろなところで見ることができますが、この作品は大きさ、浮き上がるようなきれいな色彩など、素晴らしいです。ルノワールの描く子どもはどれもかわいらしくて、素晴らしいですが、「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」はその中でも別格でした。

 

混雑状況:平日昼間に行ったが、会場が広いうえに、作品間にゆとりがあるため、空いていた。

 

 評価:★★★★☆

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 美術ブログ

 

ありがとうございます。

 

 【評価一覧】

★★★★★(★5つ)個人的に何度も行きたい展覧会

★★★★☆(★4.5つ)絶対、行ってほしい展覧会

★★★★ (★4つ)ぜひ、見てほしい展覧会

★★★☆ (★3.5つ)はまる人はまる展覧会

★★★  (★3つ)悪くはないので見て損はない展覧会

★★☆  (★2つ半)※それ以下は特にお勧めはしない。